ガスコンロが焦げたら

皆さんは焦げ付いたガスコンロにどのような印象がありますか?きっと「汚い」「触りたくない」「古い」といったマイナスイメージが強く、買い替えを検討したり、ガスコンロを使う事を避けたくなる方が多いでしょう。
しかし、ガスコンロは決して安いものでは無いので即買いも厳しく、汚くても我慢して使うという選択肢の方が多いのが現状です。

このサイトではガスコンロの焦げ付いた汚れに困った方に役立つ掃除法や予防法をいくつか紹介します。
触りたくない程汚いコンロでも洗えば使えるようになれる方法があるので、簡単に諦めず今ある資源を大切にしましょう。

ガスコンロに付着している汚れの殆どは調理の際に飛んでしまった油の蓄積物です。
この油汚れはコンロだけでは無く周辺の電気の傘や戸棚の上、冷蔵庫の壁など至る所に飛び散ってしまう厄介な汚れです。
油なので日常の水拭きでは綺麗に落ちず、大掃除の際に手遅れの状態で発見される事が少なくないです。

そしてその蓄積物が熱され焦げたものや、料理の際にこぼしてしまった調味料や食材カスがガスコンロの焦げ付きの原因です。
よって、ただでさえ落ちないこびり付いた油汚れが焦げるので通常の掃除では落ちないのが当たり前…という理論にたどり着きます。

「そんな汚れに勝つ洗剤や掃除法が本当にあるの?」と疑ってしまいますが、マスターしてしまえば簡単で手軽に続けられる方が増える事間違い無しの情報です。
この機会に自宅のガスコンロと向き合い焦げ付き汚れを徹底的に除去出来るよう努めて下さい。